窓の防犯対策

空き巣の侵入経路の殆どが窓からと言われていますので、今回は窓にしておきたい防犯対策をご紹介致します。

まず窓を割られにくくするため、防犯フィルムを貼る事がおすすめです。
防犯フィルムで100%窓が割れないということはありませんが、格段に割れにくくなるだけでなく、万が一割れてしまっても破片が取り外しにくくなり侵入までの時間を稼ぎます。
本当は窓全体に貼るのが好ましいですが、予算や窓のサイズの関係上一部しか貼れないとなった場合には、カギの周辺に貼るようにしましょう。

また補助錠の設置をするのも非常に効果的です。
補助錠には窓と窓枠を抑えて開かないようにするタイプと、窓枠に取り付けてロックする事で開かない様にするタイプの2種類があります。
どちらが優れているというのは無いので、自分たちが使いやすいタイプの補助錠を選んでしまって構いません。

そして最後に、防犯アラームの取り付けをすれば、窓の防犯対策は完璧と言えるでしょう。
防犯アラームにも様々な種類がありますが、一般的で使いやすいのはこじあけようとする振動を感知して警告音が鳴るタイプです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です