窓に設置する防犯アラーム

空き巣などの窃盗犯は窓から侵入するケースが多いため、窓の防犯対策を施すことは有効的です。
動画で紹介されているような防犯アラームは、窓に取り付けるだけなので簡単に行える防犯対策の1つです。

作動中に窓が開くと大音量のアラームが鳴り響き、空き巣などの被害を防ぐことができます。
アラームは日常生活での振動(窓を軽くたたくなど)には反応しませんが、金属でガラスを叩いた振動にも反応いたします。また窓の設置面を外から見ると「防犯装置作動中」と表示されていて、犯行の抑止に役立ちます。

窃盗犯は音を発したり、侵入するのに時間がかかることを嫌いますので、いろいろな対策を組み合わせ侵入しづらくすることで、大事な家をしっかりと守りましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です