狙われにくい土地を選択する

土地の選び方によって、空き巣被害にあいやすい土地と会いにくい土地が存在し、土地を探す際はそのポイントも考慮して探す必要が有ります。

目の前の大きな公園がある土地は注意が必要で、公園では長時間犯人がいても不自然になることが有りませんので、じっくりと下見をすることができます。
人通りの少ない路地や、死角の多い道にある土地も要注意で坂による高低差が多い場所も死角が生まれやすいので危険となっています。

共働きや核家族、ひとり暮らしの人が多い都市部では、住人が外出している可能性が高くなっていますので、危険度は高くなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です